子育て

買って良かった育児用品。リッチェル「ソフト補助便座」は0歳〜3歳過ぎまで長く使えます

Pocket

みんなにおすすめしたい、めちゃくちゃコスパがよくて愛用している育児用品「リッチェルのソフト補助便座」。

 

3歳の息子が1歳の頃から使用していて、最近ではまだ0歳10ヶ月の娘も使うようになりました(^ ^)

 

本当に買って良かった育児用品なので、これからトイレトレーニングしようかなという方、補助便座を色々探している方の参考になったら嬉しいです。

 

\今回紹介するのはこちら/

 

息子のトイレトレーニング

現在3歳の息子のトイレトレーニング(?) は、0歳からやっていました。

 

とはいえ、0歳ですので、トレーニングという感じではなくて、お昼寝明けや、お風呂前など、おしっこが出そうなタイミングでトイレに連れて行って、後ろから抱き抱え「おしっこシーシー」と話しかけるだけ。

 

0歳児との遊びの感覚でやっていたら、そんなに苦労することなくトイレでするようになりました。(毎回できるわけではありません。トイレに行く時以外はおむつ使用してます。)

 

そして息子の場合は喋り始める前から身振りでトイレに行きたいと伝えるようになり、とてもスムーズにトイレでできるようになりました。

 

日中のオムツを完全に外したのは2歳のお正月休みを利用してでしたが、それまでにかなりトイレでできている状態でした。

 

現在はまだ夜間だけはオムツを使用している状態ですが、そろそろ夜間のオムツも卒業かなあ。

 

そんな息子が1歳から使い続け、0歳10ヶ月の娘も使い始め、改めて使い勝手が良いことを再認識している補助便座が「ソフト補助便座【リッチェル】」です。

 

私の実家と夫の実家にも同じものを用意しました。そして妹家族にもおすすめして使っている、我が家でのヒット商品です。

 

ポイント

0歳の子をなぜトイレに連れて行こうかと思ったかというと、「おむつなし育児」というものを知ったからです。

もし関心のある方は、調べてみてくださいね。

私はがっつりおむつなし育児を実践したわけではなく、ゆるーく取り入れていた感じです。

なにかと大変な子育ての中で、排泄のお世話をちょっと楽しめるヒントになるかもしれません♪

 

ちなみに、おまるの使用は考えませんでした。

洗うのが嫌だったのと、置き場に困ること、おまるになれた後にトイレになれなければならないというのは二度手間に感じて、補助便座を選択しています。

 

 

おすすめ!リッチェルの「ソフト補助便座」

 

トイレの画像で失礼します💧

 

こちらがリッチェルのソフト補助便座です。

IMG_5306

見ての通り、かなりシンプル。

補助便座によくある持ち手などは付いていません。キャラクターもいません。

 

ただ便座の上にポンと乗せるだけで使えます。

「ソフト」なので、トイレが傷つく心配もなく、あわてていても片手で乗せるだけなので使い方もシンプル。

 

使用後はそのまま壁に立てかけてました。

汚いと思われる方もいるかもしれませんが、私は全然気になりません(⌒-⌒; )

IMG_5305

こんな感じで立てかけてます。

(置き場所が気になる方は、スタンドを使うとスッキリ)

リッチェル 補助便座スタンド

 

 

リッチェル補助便座の良い点

①シンプルな作りで汚れもサッと拭ける

つなぎ目などもなく、つるっとしているので、おしっこで汚れてもさっと拭けます。丸洗いもできるので、綺麗を保つことができます。

 

男の子でも女の子でも、ソフト補助便座の前の部分におしっこがかかってしまうことはありますが、その場でさっと拭いて、時々お風呂場で丸洗いしてました。

 

 

②ソフトな質感でひやっとしないので子どもも嫌がらずに座れる

プラスチック製のつるっとした補助便座だとどうしても冷たいですよね。

 

冬場はひやっとして嫌なんじゃないかなあと思います(ー ー;)便座シートも売っていますが、汚れやすいので洗ったりするのが手間。

 

でもこの補助便座は素材が柔らかいからか、そんなに冷っとしません。座り心地も良さそうです。

 

我が家の子どもたちは最初から座るのを嫌がることはありませんでした。

 

 

③補助便座から大人用の便座への移行がスムーズ

持ち手などが付いている形だと、補助便座を外す時にどうしても形が違うので少し勝手が違います。

 

でも、この補助便座は大人用の便座と変わらないので、補助便の卒業もスムーズです。

 

 

④長く使えてコスパが良い

0歳〜1歳半くらいまでは支えがあれば座れます。

 

最近は0歳10ヶ月の娘も使うようになりました。まだ小さいので脇を支える必要はありますが、ちゃんと座ることができてます。

 

1歳半くらいからは一人で座れて、3歳の息子でも使用できる大きさです。(大きめの作りのようです)

 

3歳の息子は最近補助便座がなくても手で支えてトイレができるようになりましたが、やはり補助便座を使ったほうが落ちないので楽みたい。

 

大人用のトイレが普通に使えるようになるのは、身体がもう少し大きくなってからかなと思うので、とっても長く使えますよね。

 

 

⑤後ろが開いている形なので拭きやすい

U型で、後ろが開いているのでウンチの時でもとても拭きやすいです。

 

O型だと座らせたまま拭くのは難しいんじゃないかなと思いますが、この形だと子どもを座らせたまま拭くことができます。

 

 

⑥見た目もまずまず

IMG_5308

黄色の踏み台と合わせて使用しています。我が家のトイレは壁がピンク色なのですが、黄色の補助便座と踏み台は違和感なく馴染んでいます❤️

 

 

リッチェルのソフト補助便座は2色。黄色とピンクです。

 

本当はシンプルに白とかが良かったのですが、やはり使いやすさの方が優先度が高いので、リッチェルのソフト便座を選びました。

 

持ち手が付いている形と比べると、形はとてもシンプルなので、使っているうちにちょっとおしゃれかもと思うようになりました笑。

 


 

👇一緒に使っている補助便座はこちら。価格重視で選びましたが、トイレ以外でも使えて便利。大人が乗ってもグラグラしません。※送料無料なのでAmazonの方がおすすめです。


 

 

シンプルな色のおしゃれな補助便座が欲しい人向け

リッチェルの補助便座は、構造がシンプルですごく使いやすいですが、デメリットは色だと思います。

 

我が家のトイレは壁がピンク色なので、黄色やピンクの補助便座でも違和感が少ないですが、もっとシンプルなトイレだとやはり色味は気になりますよね。

 

私も検討した商品なのですが、ベビービョルンの補助便座&ステップは、シンプルな色使いでとても素敵です。

 



 

 

補助便座の中ではちょっと高価なのですが、色が気になる場合はベビービョルンもオススメです!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

-子育て
-