たべもの

【原因と対処方法】コーヒーで吐き気がする・・・ なぜ?どうする?

Pocket

コーヒーが好きで飲んでいたのに、急に気持ち悪くなってしまうことありませんか?

 

最近我が家の夫が、ーヒーを飲むと気持ち悪い・吐き気がする」と言うのです💦

 

今まで普通に飲んでいたのに、なぜ???

 

調べてみたら、コーヒーで気持ち悪くなる人は結構いるんだなあ〜ということがわかりました。

 

この記事では、コーヒーで吐き気が生じる原因や対処方法についてのまとめと、我が家での解決策について書いています。

 

今ではコーヒー後の吐き気に悩まされることは無くなったので、コーヒーを飲むと気持ち悪くなる、吐き気がするという方ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

コーヒーを飲むと吐き気がする原因 まとめ

厚生労働省HPに、コーヒーなどの食品に含まれるカフェインの過剰摂取について次のように書かれていました。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

カフェインの過剰摂取によって、吐き気が出ることがあるようです。

やっぱりカフェインのとりすぎは良くないんだね(~_~;)

もう少し詳しく、コーヒーで吐き気・気持ち悪さが生じるのはなぜか、調べたことをまとめます。

 

①胃液の過剰分泌

コーヒーを飲むと、胃液が分泌されます。

 

それは、コーヒーに含まれるカフェインの効果とも考えられているし、コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」の働きだとも言われています。

 

胃液の分泌は、消化を助けてくれるので悪いわけではないのですが、過剰な胃液の分泌は吐き気を引き起こすようです。

 

コーヒーを飲みすぎてしまったり、空きっ腹やその時々の体調によっては、胃液の分泌が逆効果となり、吐き気を生じさせてしまいます。

 

 

②自律神経の乱れ

コーヒーに含まれるカフェインには興奮作用があり、自律神経の働きに影響を与えます。

 

自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことで吐き気が起きることがあるようです。

 

カフェインの興奮作用には、「目が覚めてスッキリする」などのうれしい効果もありますが、たくさんカフェインをとってしまうと、バランスが崩れ「気持ち悪い〜💦」という不快な症状が出てしまいます。

 

 

③コーヒーの酸化

コーヒー豆は、時間と共にどんどん酸化します😱

 

酸化すると、酸味が出ます。すっぱいなと感じるコーヒーは古くなってしまっているのかもしれません。

 

このような古くなったコーヒーを飲むと吐き気が出てしまうことがあるようです。

 

 

その時々の体調や、飲み方、コーヒー豆の鮮度などによって、気持ち悪くなったり吐き気が起きてしまうことがあるんだね。

 

 

補足:缶コーヒーの場合

缶コーヒーには、人工甘味料、乳化剤、香料などが含まれていて、人によっては胃もたれや胸焼けなど体調不良を引き起こすことがあるようです!

 

 

コーヒーを飲んで気持ち悪くなったらどうする?対処方法まとめ

原因は分かったけれど、コーヒーを飲んで気持ち悪くなってしまったら、どうすれば良いかが知りたいですよね。

 

気持ち悪くなってしまった時の応急処置、そしてもう気持ち悪くならないようにするための予防方法をまとめます。

 

 

①応急処置

コーヒーでの気持ち悪さは、昨日まで大丈夫だったのに突然起こることもあります。あわてず次の応急処置を試してください。

 

応急処置のポイント

  • 白湯(ぬるめのお湯)を飲む
  • ストレッチ
  • 楽な姿勢で横になる
  • 深呼吸

 

 

白湯やストレッチなどをすることで体を温め、深呼吸や楽な姿勢でリラックスして、自律神経の乱れを整えます。

そして、水分をとることで体内のカフェインを薄めましょう。

 

気持ち悪さは徐々に落ち着いてくるはずです。

 

ひどい症状の時には、その他の病気の可能性も考え病院に行きましょう。

 

 

②気持ち悪くなる前に 予防方法

夫もそうでしたが、コーヒーを飲んだ後に吐き気・気持ち悪くなることが数回続くと、コーヒーを飲むことが怖くなってしまいます。

 

どうすれば吐き気が起こりにくいかを知って、予防しましょう。

 

予防方法のポイント

  • 飲みすぎない
  • 空きっ腹、起きてすぐは避ける
  • コーヒーの種類や飲み方を工夫
    (カフェオレ、エスプレッソ、水出し)
  • 新鮮なコーヒーを購入、早めに飲み切る
  • デカフェ・カフェインレスコーヒーを試す

 

予防に大切なポイントは、時間種類です!

 

量について

なにごとも、やりすぎは注意が必要。コーヒーも量には注意です。

 

現在、カフェインの摂取量について、健康に悪影響がないと推定される明確な基準は設定されていませんが、大人の場合1日400mgというのが一つの目安で、コーヒーはマグカップ3杯までにしておくのが良さそうです。

 

食品安全委員会(内閣府に設置されている機関)は、カフェインに関する情報提供をしているファクトシートの中で、WHOなどの海外リスク機関が発表している摂取量の基準をまとめています。

これがとても参考になったので引用します。

食品安全委員会カフェインについてのファクトシートより

引用👉食品安全委員会ファクトシート

 

 

農林水産省HPにも、カフェインの影響について次のように書かれています。カフェインのとりすぎは色々な点で、注意が必要ですね。

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。

長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。

 

 

時間について

飲む時間・タイミングは、朝一番などの空きっ腹は避けて、食事後や食事中の方が良さそうです。

 

夫も、朝起きてすぐにコーヒーを飲んでいて気持ち悪くなっていました💦

 

目覚めのコーヒーはやめましょう^^;

 

 

種類について

コーヒーの種類によって、カフェイン量は違うので、飲み方の工夫をしましょう。

 

ブラックコーヒーよりもエスプレッソの方が、カフェインの量が少ないそうです。また、水出しコーヒーもカフェイン量は少ないとのこと。

 

カフェオレなど、ミルクを入れるコーヒーなら、カフェイン量も少なくなるし牛乳が胃を保護してくれるため、気持ち悪くなりにくいです。

 

また、コーヒーの鮮度はとっても大切です。鮮度の良いコーヒー豆を購入し、1ヶ月程度で使い切りましょう!

 

コーヒーの鮮度について

  • 豆の状態で購入するのが一番良い
  • 豆なら2週間〜1ヶ月で飲み切れる量だけ購入する
  • ドリップした時にもこもこ盛り上がってくるのが新鮮なコーヒー
コーヒーの鮮度が大事だとは知らなかった!

 

これまではスーパーで売っているコーヒー豆を選んでいて、鮮度は気にしていませんでした💦

 

コーヒーは焙煎してからどんどん酸化します。スーパーなどで売られているものは、焙煎から時間が経ってしまっているものが多いとか。

吐き気に悩まされないで美味しいコーヒーを飲むためには、鮮度にこだわっているお店で購入することが大切です。

 

鮮度にこだわったコーヒーを試したいかた、こちらのお店チェックしてみてください!

(お得なお試しセットもありますよ♪)

👉大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店

 

カフェインレス・デカフェを試してみる

コーヒーに含まれるカフェインによって吐き気・気持ち悪さが生じているのなら、カフェインがほぼ含まれないカフェインレスコーヒーやデカフェを一度試してみると良いですよ!

 

最近はスタバでもデカフェに変更することができたりするし、インスタントのカフェインレスコーヒーは、スーパーやドラッグストアで手軽に購入できます。

 

妊娠中によく買ってました(^^)コーヒー飲むと気持ち悪くなる人にもおすすめ!

こちらもCHECK

スターバックス デカフェ
スターバックスのデカフェがおいしい!

カフェインのとりすぎが気になっていませんか?   コーヒーを飲むと気持ち悪くなったり、妊娠中でカフェインを控えたい時、夜コーヒーを飲みたい時などには デカフェ(ディカフェ) カフェインレスコ ...

続きを見る

 

 

コーヒーで吐き気・気持ち悪くなる人はこれを機にやめてみたら?

気持ち悪くならないように、工夫して飲むという方法もありますが、気持ち悪くなってしまった経験があると、飲むのが怖くなってしまうこともありますよね。

 

それならば、これを機に思い切ってやめちゃってもよいかもしれません♪

 

私はコーヒーは大好きですが、夫の吐き気をきっかけにコーヒーをのむ量は一日1杯以下にしました。

 

飲み過ぎが気になっていたので良いきっかけでした。

 

これまでは、ついつい仕事中など飲みすぎてしまっていて、多い時ではマグカップに5、6杯は飲んでいたかも💦

 

 

コーヒー大好きな私がコーヒーの量を激減させた方法

コーヒーが大好きだったのに、どうやってやめたかというと、コーヒーの代わりに穀物コーヒーを飲むことにしました。

 

コーヒーのカフェインが原因で吐き気が出ているのであれば、デカフェやカフェインレスコーヒーにすれば吐き気が起きることは無くなると思いますが、コーヒーのその他の成分(クロロゲン酸など)が吐き気に繋がっている場合もあります😂

 

そうなると、デカフェやカフェインレスコーヒーでも改善しないかもしれません。

 

夫もコーヒーが好きだったので、代わりの飲み物を探しましたが、紅茶やハーブティーなどでは物足りない…

 

そんな時にヴィーガンカフェで飲んだ「穀物コーヒー」が私と夫には大ヒット!!

 

 

名前に「コーヒー」と入っていますが、原材料にコーヒー豆は使用しておらず、カフェインも含まれれていません

 

穀物コーヒーは美味しくないイメージがあったのですが、体に優しいお料理をいただける大好きなヴィーガンカフェで出会った穀物コーヒーがすごく美味しくて、同じものをネット注文。

 

\これ美味しいよ〜/

 

お得な詰め替え用もあります。私はいつもこれを購入してます。

原材料は、大麦、ライ麦、チコリー、ビート。

 

コーヒーよりも優しい味だけど、コーヒー好きの私も気に入っているし、妊娠〜授乳中の妹にもすすめたらすごく気に入ってくれました♪私は楽天お買い物マラソンの時に繰り返し購入しています。

 

コーヒーで気持ち悪くなってしまった方、カフェインの摂取を控えたい方、代わりに穀物コーヒー試してみてくださいね。

 

夫の吐き気問題も解消したので、よかったよかった😄

 

 

まとめ

コーヒーの成分、飲み方、その時々の体調によって、吐き気が起こってしまうことがあります。

 

コーヒーは飲みたいけど気持ち悪くなるのは避けたいなら、しっかり選んだ新鮮なコーヒーを、食事中や食後に飲みましょう。

 

でも新鮮なコーヒーって、どう選べば良いのかむずかしいですよね(−_−;)

ネット販売もしているこちらのお店では、確かな技術のある職人さんが焙煎した鮮度の良いコーヒー豆を購入できますよ。

👉コーヒー通の豆専門店

 

適量も大切なので、1日にたくさん飲みすぎているなら、穀物コーヒーやカフェインレスコーヒーを取り入れてみることがおすすめです。

 

我が家では穀物コーヒーが気に入りすぎて色々試したので、穀物コーヒーについて知りたい方はこちらの記事も読んでね😄

👉おいしい穀物コーヒーを飲みたい!比較しました。

 

吐き気などに悩まされずに、おいしいコーヒーを楽しみましょう♪

 

-たべもの

© 2021 くらしのきろく Powered by AFFINGER5