たべもの

毎週作る!定番つくりおきおかず。定番を作ることで時短を目指します。

Pocket

以前こんな記事を書きました。

http://kurashi-log.com/archives/2057

 

仕事復帰に向けて、作り置きが効率的にできることは必須。

できるだけ時間をかけずに作り置きをするために、私の定番の作り置きおかずをつくりたいなと思っていました。

常備菜 と言うのかな(^ ^)

 

0歳3歳の子どもも、大人も食べられる、簡単便利な定番作り置きおかずを考えました。

とりあえず何も考えずにこれだけは毎週作る。

作っている間に、その他の作り置きメニューを考えたりします。

(どうしてもいつも同じものだと作るのも食べるのも飽きちゃうし、買い物できない食材があったりするとメニューを完全に固定することはできません。毎週変わる作り置きおかずと、絶対作る定番とを分けて考えることにしました)

 

毎週これだけは絶対作る

①茹で青菜(ほうれん草か小松菜)

作り置きおかずといえば、ほうれん草や小松菜はおひたしや胡麻和えにされているものをよく見ます。

2束茹でて、ひと束分くらいは胡麻和えなど味付けしてしまうこともありますが、うちの場合はただ茹でただけのほうが便利です。簡単だし(^ ^)

食べる直前にしらすをかけたりゴマと醤油をかけたりして味を加えたり、味噌汁やクリームシチューの具にしたり、納豆に混ぜたり、鶏そぼろなどと一緒に丼の具にしたり。いろいろ使えます。

茹で青菜の一部は細かく刻んで0歳の娘用に冷凍します。

IMG_5600

アサヒ軽金属の「オールパン」を使っています。フライパンですが、野菜を茹でるのがとても得意なフライパンです!

 

②茹でブロッコリー

0歳の娘の食事にもよく使います。お弁当にも入れられるし、スープの具にしたり。大きめのブロッコリーだった時などは、半分ぐらいツナやにんじんと一緒に和えてサラダにしたりもできます。3歳の息子も好き。

IMG_5604

こちらも「オールパン」で。少ない水で茹でられるので、栄養も逃さず美味しくできます!

③蒸しさつまいも

さつまいもの美味しい時期は必ず作ります。圧力鍋で茹でるだけです(^ ^)

そのままで子どもたちのおやつにもなるし、蒸しパンに混ぜたり、料理の付け合せにしたり。お弁当にも入れられて便利です。

ただ、夏にはさつまいもがあまり買えないので、「とうもろこし」に変わると思います!

IMG_5605

圧力鍋も、アサヒ軽金属のものを愛用しています。

④にんじんナムル/にんじんツナ炒め

にんじんはいつでも手に入るし、子どもたちも好きな野菜。お弁当に入れてもok。色も綺麗だし、ご飯もすすみます!

にんじんに調味料(醤油、鶏がらスープの素、ごま油)とゴマを混ぜるだけのナムルや、ツナ炒めは、簡単だし3歳の息子も好き。

 

⑤けんちん汁かクリームシチュー

作り置きというか、大量に作って数日間かけて食べきるという感じではありますが、週末には必ずどちらか作ります。

調味料を入れる前に0歳の娘用に取り分けます。娘用にだけ作るのは大変でできないので、汁物からの取り分けが便利。取り分けたスープは小分け容器に入れて冷凍します。スープだけではなく、具沢山の汁にご飯を入れておじやにしたものも冷凍しています。

0歳の娘はもちろん、3歳の息子も大人も、たくさん野菜が食べられるメニューなので気に入っています。

けんちん汁は豚肉と味噌を入れて豚汁にしたり、クリームシチューはグラタンにしたりと変化をつけることもできるので、飽きにくいです。

IMG_5602

具材はいろいろあるもので。

圧力鍋を使うとレンコンやごぼうもすごく柔らかくなるので0歳11ヶ月の娘でも食べられます。

 

⑥蒸し鶏(鶏胸肉)

胸肉は安いし、コツさえ押さえればとてもしっとりと美味しく食べられるので気に入っています。

特にこの蒸し鶏は沸騰した湯に入れて放置するだけの簡単調理。とにかく簡単に作れます。

いろいろアレンジできると思いますが、私は蒸し鶏をそぎ切りにして醤油と砂糖とお酢とごま油のタレに漬け込んでます。

これだけで食べてもいいし、きゅうりやブロッコリーと和えても美味しい。

夕食のメインにはなりませんが、サラダにのせて副菜にしたり、朝食のおかずにもぴったりです。

タレにつける前に0歳の娘用に取り分けて細かく割いています。

IMG_5601

鮭の幽庵焼き

魚料理の作り置きには鮭をよく使います。

幽庵焼きはタレにつけて冷凍しておけるので、週末に作っておくのにぴったりです。食べるときは解凍してからフライパンで普通に焼いて食べます。

食べたい日の朝冷凍庫から冷蔵庫に移しておいて、夜は焼くだけ。10分あれば完成!

 

作り置きも、メニューが決まっていると早い!

子どもがいる中で、作り置きおかずを作ろうとすると時間を確保するのが結構大変です。

毎週作ろうと決めたものはどれもすごく簡単だし、作るものが決まっていると迷わないのでそれだけ時短になります。

この作り置きなら、料理が遅い私でも、子どもが昼寝をしている1時間半くらいでできます。

書いていて気がつきましたが、作り置きおかずというより下ごしらえだなというものも多いですね💦

 

今週は、このほかに唐揚げとつくねを多めにつくり冷凍してお弁当や朝食用にしました。

それから鶏胸肉をそぎ切りして下味をつけたものを冷凍したので、食べるときに解凍して焼きます。

今週1週間の夕食メニュー(メイン)

夕食メニューもだいたい固定しています。迷わないので、ストレスもないし早くできます。

夕食のメニューを固定して、まとめ買いと作り置きおかずで食事作りを効率化

月曜 電子レンジで作るハンバーグ

火曜 炊き込み御飯と鮭

水曜 テリヤキチキン

木曜 野菜炒め

金曜 塩だれチキン(鶏胸肉)

 

定番にはならないけれど、よく作る作り置きおかず

とりあえずリストアップしておきます。また整理したいと思います。

野菜の作り置きおかず

ひじき煮

肉じゃが

筑前煮

野菜の煮浸し

ポテトサラダ

豆サラダ

かぼちゃの煮物

大根とひき肉の煮物

なめたけ

肉魚の作り置きおかず

つくね

唐揚げ

鶏そぼろ

煮豚

鶏ハム

豚コマボール

鯖味噌煮

失敗なし!シンプルな「揚げない唐揚げ」

http://kurashi-log.com/archives/998

 

参考書籍

作り置きおかずを作るときに私が参考にしている本はこちら。

どちらもかなり使えるおすすめの本です!

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

 

 

 

-たべもの

© 2021 くらしのきろく Powered by AFFINGER5