掃除しやすいシンプルな部屋がいちばん!ハウスダストアレルギー対策① 寝室編 

Pocket

9月頃から5歳息子の咳がとってもひどくて、夫と二人で毎晩悩んでいました。

特に朝起きとき、幼稚園から帰ってきたときの咳込みや鼻水がひどいのですが、ずっと続くわけでもないし風邪ではなさそう(・・?)

卵と乳のアレルギーがある息子は、血液検査でハウスダストの数値も非常に高いのですが、ホコリやダニが咳の原因ではないかと考えました

そのため、家中のものを再考して処分したり、掃除の仕方も改革

1ヶ月ほど工夫を続けてきて、ようやく息子の症状も少し落ち着いてきたので、効果があったのではないかと思うことをいくつかきろくしていこうと思います。

今回は寝室について。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

我が家のハウスダストアレルギー対策 寝室編

ハウスダストアレルギーの場合、まずは寝室の掃除から、と言われています。

寝具にはかなりの量のダニやダニの死骸やそのフン、ホコリ等が存在しているとか😭

我が家では、これまでベッドを使用していました。

先日も不要な布団などを処分したり、清潔を保てるようにはしていましたが、より掃除を徹底できるように、シンプル化を進めました。

一番大きな変化はベッドをやめたこと。

そして、ブラインドからカーテンへ変更空気清浄機の導入。毎日のお掃除習慣をルーティン化しました。

①ベッドから布団へ

ベッドの方が床面から高いところで眠るため、ハウスダストを吸い込みにくいというメリットはあります。

でも、マットレスは洗うことができないので、取り除けないダニがどのくらいいるのかと思うとゾッとします。

また、ベッドの置き方にもよりますが、我が家の寝室の場合ベッドを動かさずにベッド下の掃除を隅々まで行うのは困難。

しっかり掃除をするためにはベッドを移動させる必要があるため、毎日床掃除をすることができませんでした。

ベッドの移動と掃除は通常よりも頻回にしていたとは思うのですが、それでも重いマットレス、すのこ、ベッドフレームと順番に運び出して移動させるのは一人ではできないし毎日は無理。。

そこで…

ベッドを処分することに決めました。

まだ8年しか使っていないベッドでしたので、本当に迷いましたが

子どもの咳があまりにひどいための決断です。

⬆️現在2才の娘がまだ0歳だった頃の寝室。

新しく購入した敷布団「エアリーマットレス」

先日使っていなかった一般的な布団を捨てたばかりでした。

押入れスッキリ!不要な布団は処分して、羽毛布団はカジタク の布団クリーニングに出しました!
押入れの中はすっきり綺麗にしていますか? それほど余分なものを持っていない(と思っている)我が家ですが、 寝具を入れている押入れ...

同じような布団を買うことは、ハウスダスト対策としてはイマイチだと思い、清潔に保ちやすい布団を探しました。

そして、今回ベッドの代わりに購入したのはアイリスオーヤマのエアリーマットレス

エアリーマットレスには厚みが5㎝のものと9㎝のものがあります。

 💡 購入したポイント

  • 丸洗いできる
  • 床に直置きできる
  • マットレスより軽く持ち運びやすい
  • 3つ折りになるのでコンパクトに収納できる
  • 腰痛にもよさそう

こちらはミニマリストに人気のある商品のようです。

我が家にとっては一番大事なのは清潔を保つこと。

ダニやホコリ、汚れをためににくく、毎日の掃除を楽にできる軽さとコンパクトさが重要でした。

そして腰痛もちの私にとって、布団に変える上で腰痛の悪化は不安要素でした。

しかし、実際に使ってみたところ、エアリーマットレスの9㎝のものは、床に体が触れる感覚もなく、体圧をバランスよく分散してくれる構造で、腰痛の悪化はありませんでした。むしろ調子が良いくらい。

5㎝のタイプも試したのですが、床に体がついてしまい朝起きた時に痛みがあったので、より厚みのある9㎝のタイプに決定しました。

(エアリーマットレスには30日保証がついていたので、5㎝のものは数回使用して返品。しかし、返品の際の送料は自費。なんと5000円ほどかかってしまいました😭。どうしても試してみたかったので仕方がありませんがちょっとショックでした。)

②ブラインドかカーテンか

カーテンは大きな布製品。これにもダニやホコリはつきやすく、いろいろ検索していてもカーテンはよくないのでブラインドに変えた方が良いとされているものを多く見ました。

でも、ブラインドを設置していた我が家の現状は、

すごーくホコリが溜まってしまうし、とっても掃除がしにくい!!

カーテンなら洗えるのに… とずっと思っていました。

また、まだまだお昼寝をする我が家の子どもたちが、暗い部屋で眠れるように、夏の朝早くに起きてしまうことのないように、という光の問題もあったので、思い切ってブラインドをカーテンに交換することに。

これでブラインド掃除の大変さから解放され、外して洗濯機で洗うだけのシンプル手入れになりました。

カーテンを頻回に洗うのは生地を傷めることにはなってしまうようですが、

カーテンを大事にして長期間使うのではなく、こまめに洗いながらある程度の年数で買い換えていくという使い方が良いかもなと思っています。

⬆️毎日大活躍の我が家のドラム式洗濯乾燥機⬆️

③空気清浄機

新しく空気清浄機を購入、設置しました。

我が家が選んだ空気清浄機は「ダイキン」のもの。新商品が出るタイミングで旧商品在庫処分で特価になった時に購入しましたが、日々の手入れの「シンプルさ」を重視して選びました。

楽天市場で見る


【送料無料】 ダイキン DAIKIN MCK55U-W 加湿空気清浄機 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト [適用畳数:25畳 /最大適用畳数(加湿):14畳 /PM2.5対応][MCK55UW]

Amazonで見る


ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~25畳/加湿:~14畳) MCK55U-W ホワイト

購入のポイントは、綺麗に掃除ができること。できるだけシンプルで洗いやすい構造かどうかをしっかり確認してから購入しました。

「加湿」機能もついているため、加湿運転するようになった場合にはフィルター掃除に気を配ろうと思います。

以前使っていた空気清浄機のフィルター掃除はこまめにやらなかったため、汚れを撒き散らしていた状態だったかなと思って反省しています。

こうした経験からも、今回も掃除の大変な家電製品は購入前にかなり慎重に考えました。

アレルギー対策として空気清浄機を購入したので、その効果をしっかりと維持できるように日々のメンテナンスは怠らないようにしなければ!!

④毎日のお掃除

何よりだいじなのは、とにかく毎日掃除をすること。

でも、「やろうと思う」だけでは、実際には行動できません。

実行する上で、計画を立てて、実行できる仕組みを作る必要があります。

これについてはちょっと長くなってしまったので、また別の記事に書くことにします!!

まだまだ続く!シンプル化とアレルギー対策

9月頃から改革してきた寝室。今回まとめたような方法でかなり良くなったかなとおもったのですが、改革はまだまだ続きます。

ちょっと寒くなってきたなあと思って羽毛ぶとんを出したら、なんと息子の咳が再び悪化!!!(( ̄◇ ̄;)

先日クリーニングに出したばかりの布団でした。

押入れスッキリ!不要な布団は処分して、羽毛布団はカジタク の布団クリーニングに出しました!
押入れの中はすっきり綺麗にしていますか? それほど余分なものを持っていない(と思っている)我が家ですが、 寝具を入れている押入れ...

ショックすぎて二日くらい羽毛ぶとんのせいだと認められなかったのですが、

やはり羽毛ぶとんしか考えられない。。。

ということで、アレルギー対策のために寝室をよりシンプルに改革、まだまだ続きます!

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする