2歳児のお弁当 卵と乳製品除去 

Pocket

息子(2歳)と娘(0歳1ヶ月)の子育てと、仕事の両立をしながら、シンプルに暮らすための工夫についての記録です現在は育休中です!

幼稚園は給食ですが、月に2回お弁当の日があります。

息子(2歳)には卵と乳製品アレルギーがあるため、幼稚園に入れるときに、毎日お弁当も覚悟していたのですが、給食対応してくださるとのことでした!

多少メニューが違っても、おなじ「給食」を食べられるということがとっても嬉しかったです。

そんな息子のお弁当ですが。IMG_3921

なんてことのないメニューですが、自分一人で食べやすいもの(フォークでさせたり、手で食べられるもの)にしています。

1鮭おにぎり

塩を振ってしばらく置き、酒と醤油とみりんに30分つけて焼いた鮭を、ほぐしてご飯に混ぜ、握りました。ちょっと可愛くなるように、ラップに顔を書きました。ペンで書くのは簡単ですし、のりなどを使って作るより衛生的にも良いかなと思って時々やっています。

2ハンバーグ

合挽き肉(豚ひき肉だったかも)に豆腐と片栗粉、醤油を混ぜ、こねたものをスプーンですくって丸くしてフライパンで焼きました。(こねると言っても、手でこねるのは私にとっては手間なので、材料全てをボールに入れてスプーンでがーっと混ぜて粘り気を出してます。そのまますくってフライパンに入れればいいので、手も道具も汚れは最小限です。)

3ブロッコリーと人参とツナのサラダ

茹でたブロッコリーとレンジ加熱して柔らかくした人参とツナを混ぜて、醤油砂糖、卵不使用のマヨネーズで和えました。

4揚げないフライドポテト

ジャガイモを切って、塩少々振り、サラダ油をかけて、トースターで15分〜20分焼きました。

食べきれるように、普段の食事量より少し少ないかなと思います。これに果物は別容器で持たせました。全て食べきって帰って来ました(^^)すっごく足りないということもなかったようです。

(息子のアレルギーについて書いた記事はこちらです→☆☆

☆2歳児のお弁当箱の選びかた

一度失敗して買い直しています。

息子の好きな車の柄のお弁当箱を購入したのですが、蓋がとっても開けにくくて。息子が開けたら中身が全て飛び出すのではないかと思いました。

何も調べずに買ったのがいけなかったのですが、小さな子供のお弁当箱の選び方としては、自分で開けやすいことと、なるべく浅いものの方が良いみたいです。

そして買い直したのが上の写真のお弁当箱です!

蓋はかぶせるだけなので開け閉めはちゃんと息子が自分でできます。

難点は密閉されないので汁っぽいおかずを入れたら間違いなく漏れることですが、そうしたおかずは入れないと思いますので、問題ないと思います。

アルミなので、蓋や中の仕切りなどが擦れる音が私はとっても苦手ですが、息子は気にしていない様子です。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告