たべもの

アサヒ軽金属のフライパン「オールライト」購入!オールパン再加工とどっちがいい?

アサヒ軽金属オールライト、オールパン
Pocket

10年以上アサヒ軽金属のフライパンを使用しています。鍋、フライパンはアサヒ軽金属ひとすじ(^_^)

再加工しながらずっと愛用してきた「オールパン」ですが、またまた再加工しようかなと思った時に、以前から気になっていたアサヒ軽金属のフライパン「オールライト」が目に止まりました。

 

今なら「Go To COOK 緊急価格」というキャンペーンをやっていて、ものすごくお安く買えます。

 

オールパンを再加工して使い続けるか、オールライトを新しく購入するか、めちゃくちゃ比較して悩んだ結果、今回はオールライトを購入することにしました。

 

オールパンとオールライトの比較、実際にオールライトを買って使ってみた感想をまとめたので、オールパンの再加工を考えている方も、新規購入とどっちが良いか、ぜひ最後まで読んでくださいね〜♪

 

 

アサヒ系金属のオールライトとはどんなフライパン?

「オールライト」は一言で言うと、ちょっとだけ軽いオールパンです。

 

オールパンって何??という方もいるかも??

アサヒ軽金属の代表的なフライパンといえば、「オールパン」

 

使っている人には言わずもがなですが、油不要で焼く炒めることができ、水なしでほうれん草などを茹でることができたり、揚げたり、蒸したり、パンやケーキまで焼けるという一台で何役もこなすすごいフライパンです。

 

このオールパンの短所だった、「とにかく重い!!」 というところを改善したのがオールライトです。

 

もちろん水なしで茹でたり、焼き物、揚げ物、煮物、パン作りもOKである点は一緒✌️

 

 

 

オールパンとオールライトの比較

もうちょっと細かく、オールパンとオールライトの違いをまとめるよ!

スペックの比較

オールライト(26)

オールライト

オールパン(26)

オールパン(26)

対応熱源 ガス・IH・ハロゲン・電気ヒーター

大きさ

 

本体外径

26㎝

高さ(蓋を除く)

7.1㎝ 7.7㎝

重さ(蓋を除く)

0.95kg 1.2kg
蓄熱・余熱性 適温までの蓄熱時間が早いが、側面からの放熱が早い。余熱性は○ 適温までの蓄熱時間が長く、放熱が緩やかで蓄熱性が高い。余熱性は◎
加熱 素早く加熱 じんわり加熱
持ち手 握りやすく、加熱中も熱くなりにくい。 加熱すると熱くなる。
再加工サービス 対象外 対象
オールライトは、26㎝と22㎝の2サイズ。

オールパンは、26㎝、24㎝、22㎝、20㎝の4サイズあるよ

 

スペック比較しても、正直よくわからないと思うので、オールパン10年以上愛用の私がオールライトを使ってみた正直なレビューは記事後半に書くのでお楽しみに😄

 

その前に、気になるお値段を比較しておきます。

 

値段の比較

アサヒ軽金属の商品は、公式サイト、アマゾン、楽天市場などで購入できます。

 

でも楽天ポイントを集めているなら、楽天市場で購入するのが断トツでおすすめ

 

公式サイトの価格と比べて、恐ろしく安く買えちゃいます。

 

まずは公式サイトの価格で各フライパンの価格を表で確認してみてください。

※一番お得に購入できるセット、そして、再加工サービスの価格も入れています。

オールライト オールパン
26㎝ 12900円(Go To Cook緊急価格 2022/1/1まで) 18590円
24㎝ 17490円
22㎝ 9900円(Go To Cook緊急価格 2022/1/1まで) 16390円
20㎝ 15290円
26・22セット 17800円(Go To Cook緊急価格 2022/1/1まで) 31790円
再加工サービス 対象外 6050円+片道分送料

 

現在、オールライトはGo To Cook緊急価格 というキャンペーン価格でオールライトがかなり値引きされています。

(ただし色指定はできません)

 

公式サイトでも、楽天市場でも、同様のお値段でした。アマゾンだけはアサヒ軽金属が出品しているものがなくて割高になっていました。

 

この価格で買えるのは2021年末まで。今がかなりお買い得です。

 

でも、このくらいのお値段なら、オールパンを再加工して使い続ける方がいいかなあと思いますよね。

 

アサヒ軽金属 楽天市場店で購入する場合、SPUやお買い物マラソンを上手に利用することで、公式サイトで購入する価格からさらにポイントで割引になります。

 

同じ条件の方はいないかもしれませんが、参考までに我が家が楽天市場で購入する場合の実質価格はこちら。

✅オールライト26 →9933円

✅オールライト26•22セット →13706円

 

なかなか衝撃の価格ですよね!めちゃくちゃお得に買えます💦

※我が家では楽天市場で超お得に購入するためSPUをできるだけあげていて、11倍です。

※楽天お買い物マラソン時に、さらにポイントが着くタイミングを狙って購入するとこのくらいの値段で買えますよ。

 

 

特に、大小セットの価格すごくお得ですよね!!これなら、フライパン2台を再加工するのとほぼ変わりません。

 

我が家では、フライパンは大小欲しいので、「オールライト(26cm・22cm)」をGo To Cook緊急価格 と、楽天ポイント割引を使って購入しました。

 

オールパンよりも軽くて使いやすそうなオールライト。再加工できないので加工が取れたら買い替えなければなりませんが、オールパンの再加工とほぼ変わらない価格で買えるなら、買う価値ありですよね♪

 

 

実際に使ってみてわかったアサヒ軽金属オールライトの正直レビュー

ここからは、オールライトを実際に使ってみた感想です。

軽さはどうなの?

まず軽さについて。

 

これは一番期待していたところだったんだけど、持ってみて「あれ・・・?思ったほど軽くない(~_~;)」

 

たしかに持ち比べてみれば軽いんだけど、すっごく軽いのを期待しすぎました(笑)

 

でも実際に野菜炒めなどを作ってみたら違いがわかりました。

 

オールパンではフライパンを置いたままゴムベラでかき混ぜていたのですが、同じようにかき混ぜるとオールライトは動く!!

 

オールパンよりもやっぱり軽いので、持ち手を持ってかき混ぜないと、フライパンがIHの上を動いてしまいました。

 

そして洗う時には、軽さがよくわかります!肘や手首に優しい❤️

 

 

高さの違い

アサヒ軽金属オールライトとオールパンの高さ

オールライトとオールパン、実は高さに違いがあります。

 

オールパンで並々に煮物を作ったりしている場合はもしかしたら同じ量は作れないかも?

 

そして、フライパンの淵の形がオールライトとオールパンは違います。

 

オールライトのやや外側にそっている形が私はちょっと使いにくいなと感じました。

アサヒ軽金属オールライト

煮物などをゴムベラやお玉ですくう時に、オールパンのフチの形と高さがあった方がやりやすいです。

 

 

ただ、この点は慣れでなんとかなり、しばらく使っていたらあまり気にならなくなりました。

 

 

 

蓋と持ち手がとっても使いやすい!

買う前には気づきませんでしたが、オールライトのとってもよかった点は蓋と持ち手です。

 

オールパンの持ち手と蓋は、長時間加熱しているとかなり熱くなります。

 

でも、オールライトはオールパンのようには熱くならず普通に持てます。

 

これはすごくよかった!!

 

持ち手の形も、オールパンより握りやすい形です。

オールライトの持ち手

オールパンの持ち手

 

そして、すごく細かいところですが、オールパンの蓋はちょっと洗いにくいんですよね😓

オールパンの蓋

洗うときに接続部分に水と洗剤が入るので、すすぎがしにくいのと、長期間使っているとどうしても接続部分が汚れてきていました。

 

オールライトの蓋はこの点が改善されていて洗いやすいです!!

 

焼き具合の違いは?

公式サイトによると、オールライトは薄い分、オールパンよりも早く熱くなるようです。

 

確かに比べると厚みはずいぶん違うし、火をつけてから適温になるのが早いように感じます。

 

ただ、実際に料理をしていて、オールパンと比べて料理のできあがりに違いは感じません^^;

 

水無しで葉物野菜を茹でることはできるし、油なしで炒められる、煮物も柔らかく美味しくできる。

 

揚げものもOK。

 

オールライトでも満足です。

 

 

オールライトは再加工対象外

一番大きな違いだと思うのは、オールパンでは「おなべの病院」という再加工サービスが使えること。

 

オールライトは残念ながら再加工の対象外です。

 

と言うことは、表面の加工が剥がれてきてしまったら買い替えるしかありません😭

 

ただ、再加工の価格も上がってきていることと、現在のGo To Cook 緊急価格キャンペーンがすごくお得なので、2021年年内ならば軽くて使いやすいオールライトを購入するのも選択肢に入るんじゃないかなと思います。

 

 

まとめ

アサヒ軽金属のオールパンを10年以上愛用してきました。

 

オールパンはめちゃくちゃおすすめのフライパンですが、再加工費用が値上げされてきていること、新しく出たちょっと軽い「オールライト」が大小セットでかなりお安く買えることから、オールライトの新規購入もおすすめです!

 

再加工の費用は、私が始めて再加工した時には5000円でしたが、今では6050円(税込)😭

こんな方には再加工よりもオールライトがおすすめ!

  • オールパンは好きだけど、もうちょっと軽いと助かるなー😓
  • 再加工に出している間、フライパンが使えなくて困るんだよね😭

 

再加工のタイミングの方、2021年12月末までは、オールライトがとってもお安く買えるので、ぜひ一度検討してみてくださいね♪

 

オールライトは再加工サービス対象外なので、いつか寿命が来てしまいます。

 

そのため我が家のオールパンはもちろん捨てずに、そのうち再加工しようと思ってとってありますよ〜

 

 

 

 

 

-たべもの

© 2021 くらしのきろく Powered by AFFINGER5