子連れ旅行2016夏 若狭湾「水島」へ行こう! 1日目

Pocket

2016年夏旅の記録の続きです!

今年は3歳の息子、4ヶ月の娘、夫と私と実母の5人で福井県若狭湾へ行ってきました!!

目的地は「北陸のハワイ」と言われる無人島「水島」

息子に海で泳ぐ魚を見せることが一番の目的でした。

子連れ旅行2016年夏 若狭湾「水島」へ行こう! 準備①
3歳の息子、4ヶ月の娘を連れて、福井県若狭湾へ1泊2日の旅行に行ってきました。最大の目的は「北陸のハワイ」と言われる無人島「水島」で、海で泳ぐ魚を息子に見せること。 まずは準備編です。
子連れ旅行2016年夏 若狭湾「水島」へ行こう! 準備②
夏の旅行で福井県若狭湾にある無人島「水島」へ、3歳の息子と4ヶ月の娘を連れて一泊二日で行ってきました。今回は、子連れ旅行の荷物についてまとめました。卵と乳製品アレルギーのある息子用におやつや昼食は持参しました。

※私の単なる記録なので、あまり役に立たない内容だと思います。

すみませんm(_ _)m

今回は旅行1日目の記録です(^ ^)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

出発から水島への渡船場到着まで

出発は朝7時

前日にほぼ荷物はまとめておき、朝入れなければいけないものを詰めました。息子に朝ごはんを食べさせ、娘の授乳を済ませて出発です!

息子のトイレを心配していましたが、息子は朝から快便だったので一安心(´◡`๑)

高速に乗って途中休憩を2回くらいしながら敦賀インターで降りました。

サービスエリアでは、たくさんのトラックや自衛隊の車を発見してテンションの上がる息子(笑)

自衛隊の車を見に行き、好意で車に乗せてくださるとせっかく声をかけてもらえたのに、号泣(ー ー;)

強くなってほしいけれど、なかなか難しいですね。

敦賀インターを降りたら、水島への渡船場がある「色浜」まで走ります。

インターを降りて街中を走る間はコンビニが幾つかありましたが、気比の松原を通過した後にコンビニはありませんので、その前によっていくことをお勧めします!

名子海水浴場や手の浦海水浴場などを眺めながら40分くらいで渡船場に到着しました。

私たちは渡船場すぐの「漁師の宿なかい」に宿泊しましたので、そちらの駐車場に車を停めました。

いよいよ水島へ!!

車のなかで水着に着替え、娘の授乳を済ませます。娘は車のなかでおばあちゃんと待機の予定でした。

おやつや飲み物、タオルなどなど、出発時にリュックひとつにまとめておいた荷物を背負い、テントと浮き輪は手で持って行きます。

駐車場から渡船場まではほんの1分ほどでした。

img_6807 img_6812

色が浜〜水島 の渡し舟は朝9時からピストン運行しています。船で5分くらいで到着します。運賃は往復大人1200円ですが、色が浜の民宿に泊まると半額チケットがもらえます(^ ^)

宿で半額チケットをもらい、渡船場に行きました。

運転していたお兄さんに次の船の時間を聞いたら「テキトーだよ」と言われました(笑)

※この日でたぶん30分に一回くらいは動いているとのことでした。

8月下旬の平日10時過ぎでしたが、水島に渡る人が10人くらい待っている状態でした。お盆前や週末と比べるとかなり空いていたのだと思います。

船に乗り込んで出発まで待ちます。

その時に、車で娘と待っているおばあちゃんから連絡が。

娘ちゃん号泣とのこと。。。

とりあえず娘の様子を見に行き、私だけ後から水島に行くことに。

息子は不安そうな顔をしながらもお父さんと二人で水島に渡って行きました。

おそらく初めての長い車移動で疲れたことと、おばあちゃんと二人になって不安になったようです。

娘ちゃんは車のなかで号泣でした。

私がだっこしてしばらくすると泣き止みました。授乳していたら眠ってしまったので、再度おばあちゃんに娘を頼み、私は再び渡船場へ。

無人島「水島」 魚の見える海に感動!

水はめちゃくちゃ綺麗でした。

若狭湾はどこでも綺麗な印象ではありますが、本当に綺麗で首まで海に浸かってもちゃんと自分の足先が見えます。

いつも行っていたビーチでは膝上くらいのところでもう足先が見えませんが。。

持って行った「のぞきメガネ」を使うと、もっとはっきりと水中が見えました。

そして、

念願の魚も発見!!!!

息子はお父さんと浮き輪で魚を追いかけていました。

よかった〜^ ^

実は、息子はお父さんと二人で水島に渡った後、お母さんがいないのが不安だったのか泣いて海にほとんど入らなかったとのこと…

私が水島に到着し、持参したテントの中でおやつを食べさせ、再トライして魚を発見したのでした。

水に入って数分で、再びおばあちゃんからTEL。

娘ちゃん再度泣き始めているとのこと。

とりあえず車の外に出していいからあやしておいてと頼み、私はとんぼ返り(苦笑)

私と娘ちゃんとおばあちゃんは先に宿に行くことにしました。

img_6830

宿にチェックイン

娘がまだ小さいということもあり、チェックインは本来なら15時からですが、宿の好意で12時過ぎにチェックインさせていただけました。

予約の電話の際にダメもとで頼んだら、本当に快く OKしてくださいました。

めちゃくちゃありがたかったです。

HPはこちらです→「漁師の宿 なかい」

宿横に宿泊客限定の100円2分のコインシャワーがあり、そこで砂を落として着替えてから部屋に入ります。

img_6826

玄関を入ると、足拭き用のタオルを用意してくださっていました。

img_4548

靴を脱いで2階に上がります。

img_4551

2階が客室、1階お風呂とトイレと食事処がありました。

階段の途中に共有の冷蔵庫1台と洗面台があって、歯ブラシはありました。

img_4552 img_4554

img_4553

お風呂やトイレは共通でしたが、早めにチェックインさせていただけたおかげで、他のお客さんとお風呂の時間が重ならず、4ヶ月の娘の入浴もちゃんとできました。

よかったです。お風呂もトイレも綺麗に掃除されていて気持ち良く使えました。

ただ、男風呂、女風呂の前に共通の洗面台があり、ドライヤーがそこに一台設置してあるだけだったので、他のお客さんと入浴時間が重なってしまった場合にはちょっと不便だったかもしれません。

img_4549

夕食

お風呂に入り、夕食。

食事処で他の宿泊客と一緒に食事でしたが、特に問題もなく美味しく食べられました。

アレルギーのある息子の食べられる食事を出していただけるだけでも本当に満足なのですが、量もしっかりあったし、お魚おいしかったです。

息子も喜んで食べていました。特に、魚のマリネを息子は気に入ってムシャムシャ食べていました。

お腹も空いていたため、お料理の写真撮り忘れてしまいました。。。

アレルギー対応については事前に電話で確認&お願いをしてあり、その通り対応していただけました!詳しくはこちらに書きました↓

子連れ旅行2016年夏 若狭湾「水島」へ行こう! 準備①
3歳の息子、4ヶ月の娘を連れて、福井県若狭湾へ1泊2日の旅行に行ってきました。最大の目的は「北陸のハワイ」と言われる無人島「水島」で、海で泳ぐ魚を息子に見せること。 まずは準備編です。

1日目を終えて

雨が降ってしまい、花火ができなかったことは残念でしたが、息子は海を楽しめた様子で良かったです。

娘には負担ばかりでちょっと可哀想だったので、帰りはもっとこまめに休憩をとろうとおもいました。

水島は本当に綺麗で、娘もいたので、息子に十分に海遊びをさせてやれなかったようにも思いますが、魚も見れたし、よかったです。

今でも息子は「お魚の見える海、めちゃくちゃ楽しかったね!」とふと思い出した時に言っています。

記憶としてはすぐに忘れてしまうと思いますが、一つ一つの経験が子どもたちに積み重なっていくようにと思います。

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする