シンプルにくらす リビング収納のプチリフォーム 子どものおもちゃ収納

Pocket

息子(2歳)と娘(0歳1ヶ月)の子育てと、仕事の両立をしながら、シンプルに暮らすための工夫についての記録です現在は育休中です!

息子が2歳になった頃に、リビングにある収納を少しリフォームしました。

洋服をかけられるようになっている「普通」の収納だったのですが、仕切りや洋服をかける棒などを撤去してもらいました。せっかく付けたのにとってもらうのはもったいないかなと思って踏み切れませんでしたが、そのままにしていても使いにくいので、直しました。家を建てるときには用途が変わっても汎用性のある収納計画を立てていればよかったなと思います。

さて、なぜこのようなリフォームをしたのかというと。。。

こどものおもちゃや本のスペースを作りたかったのです。

こどもたちが自分でおもちゃを自由に出すことができて、片付けやすい空間に。片付けてしまえばリビングにものがあふれることなくスッキリとした状態を保てるように。

また、幼稚園の用品などもここに収納して、ゆくゆくはランドセルや教科書類もここにしまえるようにと思っています。宿題などはダイニングテーブルでやらせたいので、子供部屋ではなくてこの場所におけるようにしたいのです。

今すぐではありませんが、家族の本棚を設置出来る空間にもしたい。(こどもたちの本だけではなく、大人が読んでいるものもこどもたちが手に取れる、目に入る本棚を作りたいなと考えています。)

家族が増えて、その時々で使い方って本当に変わるんだなと実感しています。少しずつ変えながら、家族に合わせて住まいも変えていこうと思います。

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告