3歳息子の夏の遊び 室内編①

Pocket

息子(3歳)と娘(0歳4ヶ月)の子育てと、仕事の両立をしながら、シンプルに暮らすための工夫についての記録です現在は育休中です!

3歳の息子の現在の遊びについて記録します。

以前は夏の外遊びについて書きましたが、今回は室内での遊びです。

夏だからこそ、という遊びはあまりないですが、3歳になったばかりの息子の今の遊びを記録しておきたいなと思ったので書きました。

暑い夏、ずっと外で遊ぶわけにもいかないので、室内での遊び時間がたくさんあります。子どものとの貴重な1日を充実させられるように、工夫していきたいなと思っています。

購入したおもちゃの使い勝手など、少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

3歳息子の夏の過ごし方〜室内遊び編〜

積み木、レール遊び

積み木

積み木を購入した記録は以前書いています。

つみきのススメ 2歳息子の反応
息子(3歳)と娘(0歳3ヶ月)の子育てと、仕事の両立をしながら、シンプルに暮らすための工夫についての記録です。現在は育休中です! ...

今でもほぼ毎日積み木で遊んでいます。

「三角を合わせて四角」ができることがお気に入りでよく作っています。お父さんが休みの日には、お父さんとも楽しく一緒に遊んでます。

レール遊び

レールは、BRIOのレールセットを1歳の誕生日に購入していて、2歳には少し大きなセットを買い足しました。線路を繋げて遊んだり、電車だけ出してきて床を自由に走らせていたりしています。もう少し線路を増やしてやろうかなとも計画しています。

小さな森の基本レールセット

最初に購入したのはこれ。シンプルで遊びやすいです。積荷の木が少し小さいので対象年齢が「3歳から」になっているのだと思います。口に入れてしまう子は先頭の1両だけ与えたり積荷の木は除けておいたらいいと思います。

レール&ロードトラベルセット

買い足したセットはこれです。息子は複雑な線路よりまっすぐな線路を作りたいようで、まっすぐな線路のパーツが足りないとよく言っています。電車はもう十分たくさんあるので、今後買い足すなら線路のみだと思っています。パーツだけでも購入できるので、長く遊べるしやっぱりイイなあと思います。

ブリオの電車は、一つだけ電池で動くものを持っていますが、手で動かすもののほうが息子も気に入っているしオススメです。電池で動くものは子供の思うよりも早く動いてしまうし、レール遊びの面白さは、自分で動かすところにあるみたいです。もう少し大きくなったら電池で動くものもいいかもしれませんが、3歳の息子にとってはまだ必要なさそうです。

絵本

絵本は私も大好きなので、3、4ヶ月頃から見せていました。

今でも毎月1冊は新しい本を購入してます。→絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

図書館で借りてきたりもします。私が読んであげることがもちろん多いですが、繰り返し読んでいて息子も文章を覚えているので、息子が読んでくれることもあります。字は全く読めないですが(笑)

絵本についてはずっとまとめたいと思っていたのでまた書きます。

最近は 図鑑を書いたいなあと思っていろいろ調べているところです。

息子が今好きな絵本は…

乗り物系(うちの子は特に車が大好きです。)

「ピン、ポン、バス」

本当に細かいところまで描かれていて、車好きの子どもの心を惹きつける素敵な絵です。

繰り返し読んで、たくさん発見できておもしろいですよ。本当に毎日何度も読みました。

「のっていこう」

ロープウェイに乗りに行きたくて、その前にと思い読み聞かせしました。

絵本は「お母さん」が描かれることがどうしても多いですが、

「お父さん」と「男の子」がお出かけする本は、貴重かなと思います。

「路線バス出発」

3歳児にはとても難しいと思いますが、車好きの息子は食い入るように見ています。

描かれる絵の視点が、上から、横から、バスの中から、バスの外から、といろいろ変わるので、小さな子には難しい「絵」だと思いますが、

本屋さんに何度も通い、息子が欲しがった本です。

「おやすみはたらくくるまたち」

工事現場ではたらく車たちが、本当に素敵な絵で描かれています。

私はこの本の翻訳がまた素晴らしいなあと思っています。

リズムがとても良くて、翻訳なのに違和感なく、歌うように口ずさむことができて大好きです。

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」

私自身が子どものころに読んでもらった絵本です。

実家に残っていて、息子に読み聞かせしています。

1966年に出版されたものですが、息子も大好き。長い時を経ても好まれる絵本のようです。

「オセアノ号海へ」

すごく綺麗な飛び出す絵本です。「船」の本はあまり持っていませんが、これは息子も気に入って、毎晩読み続けたこともありました。

文章もとても良く、息子は暗記しています。

「はっけんずかん のりもの」

息子のはじめての図鑑。絵のページと写真のページがあって1歳のクリスマスにプレゼントしてもらい、長く気に入って見ています。

小さな子が読み込んでもボロボロになりにくい、しっかり厚みのある紙で、トビラをめくるしかけもあっておもしろい図鑑です。

その他

「うずらちゃんのたからもの」

「ぐりとぐら」

「ぱんやのくまさん」

などなど、他にもたくさんあります。



読み聞かせ

絵本ではありませんが、昔話の読み聞かせをしています。子どもたちには有名な昔話は一通り読み聞かせしたいなと思っていました。息子はだいぶしっかり話が聞けるようになってきたので、読み聞かせもいいかなと思って3歳になる少し前から始めました。

読んでいる本はこちらです。→親と子の心をつなぐ日本「名作」昔ばなし [ 斎藤チヨ ]

定番ですが「桃太郎」「金太郎」「ネズミの相撲」等が息子のお気に入りです。

ごっこあそび

家中のものやおもちゃをいろいろなものに見立ててごっこ遊びをしています。

おままごと道具は特に買っていませんが、積み木や紐通し用のおもちゃや、本物のお鍋やボウル、お玉などを使ってやっています。

お医者さんごっこ、スーパーでのお買い物ごっこ、幼稚園ごっこ等。親が一緒にやるのに飽きてしまっても繰り返しやっています。

飽きてしまって適当にやって申し訳ないなとちょっと反省。

息子は一生懸命経験したことの再現をしています。

パズル

初めてのパズルは1歳過ぎに購入しました。最初はあまり遊びませんでしたが、大好きな車のパズルを揃えていたので、少しずつ手を出すようになりました。

ここ最近、突然パズルが楽しくなったようで、毎日何度もやっています。

「できる」

のが楽しくなってきたみたい。

息子がはまっているパズルはこれです。

「くもん」のものなのでこどもの「できる」を重視して少しずつステップアップできるようになっています。私はついついまだむずかしいものを早めに与えてしまいますが、こどもは「できる」「わかる」ものの方が断然面白いと思うので気をつけなきゃなあと思っています。

何度も繰り返しやっているので、これをやっている間は親も家事ができるので楽です笑

まだまだありますが、長くなってきたので続きは別記事にします!

3歳息子の夏の遊び 室内編②
3歳男の子の室内遊びのまとめpart2です。購入したおもちゃも紹介しながら3歳息子のお気に入りのあそびをあつめてます。お絵かき工作(粘土やおりがみ)などの定番の遊びから、料理、お菓子作りなどなど。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする