無痛分娩 出産後

Pocket

前回の記事に続いて、出産についてです。

4月5日に無痛分娩で出産しました。

二人目で、約4時間のあっという間の出産でしたので、無痛分娩だけの要因ではありませんが、産後の私の状態について書いておきます。

私の場合、普通分娩だった一人目の出産と比べて、格段に回復が早くて楽でした。

出産時は、麻酔がきいて足がしびれているような感覚で、陣痛が来ていることはわかりますが本当に痛くありませんでした!そのため、体に変に力が入ってしまうこともなく疲労感が少なかったです。

麻酔が切れてくると、徐々に会陰(切開しました)の痛み等は出てきましたが、無痛分娩でなくてもある痛みです。麻酔が切れて痛くなってきてから、一人目の時もそうだったなと思い出しました。2日位はドーナツクッションがないと椅子に座ることはできないくらいでしたが、その後は徐々にすわれるようになり退院時にはほぼ痛みなしでした。

一人目の時には疲れから、面会に来てくれる方々とお話ししたりすることも煩わしく、入院中は休めなかったと感じていましたいが、今回はそんな風に感じることなく、むしろ入院中は暇だなと感じていたくらいでした。おかげで産院の美味しい食事も楽しめました♪

それだけ出産の負担が少なかったのかなと思います。

その分、上の子のフォローに気を使うことができたと思います。退院してきてからの体のしんどさも全然違っていたので、この4月から幼稚園に通い始めた息子の送り迎えなども産後一週間後からやることができました。(本当はやってはいけないのかもしれませんが。。)

母親に手伝いに来てもらってはいますが、家事も早々に開始してます。むりはしないように気をつけてはいますが。

動けてしまうので、つい動いてしまいます。。あとあと身体に来ないといいなと思ってはいます。今の所、恥骨に違和感があって立っているのがしんどい時などはありますが、それ以外は特に困っていません。

私の場合、無痛分娩にしたことによって産後の回復はとても良いのではないかと思っています。無理をしてはいけないと思っていますが、産後比較的早く動けるようにしたかったので、無痛分娩を選択してよかったなと思います。少しの時間ではありますが、子宮口全開になってからの陣痛も体感できましたし、満足しています!(陣痛を体感したいのはなぜかと考えましたが、私の場合単純に興味のような気がします。出産はどのようなものか、どんな痛みがあり、自分はそれをどのように乗り越えるのかというような興味かなと。)

出産準備や二人目の出産で買い足したものなどについてもまとめたいと思います。色々ものを増やすのも嫌なので、服などはほとんど買わなかったのですが、出産後にベビーモニターや、ベッドインベッド等買い足しました。

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告