簡単にできる夫のお弁当

Pocket

息子(2歳)と娘(0歳2ヶ月)の子育てと、仕事の両立をしながら、シンプルに暮らすための工夫についての記録です現在は育休中です!

毎日ではありませんが、夫のお昼ご飯にお弁当を作っています。

(目標は毎日デス)

お弁当作りのシンプルなルールについて記録します。

お弁当作りって、慣れるまでは結構エネルギーが必要というか、「よし作るぞ!」というような気合いが必要でした。

でも、毎日そんなに気合いを入れてばかりいられません(ー ー;)

シンプルなルールを作ることで、お弁当作りが楽になり、長く続けていけるような気がしています。

簡単に出来る!お弁当作りのシンプルなルール

①前日の夜におにぎりを作っておく。

ふりかけを混ぜてラップで包んで握ります。海苔は巻かず、そのまま持たせます。

②おかずは3品くらい

メインのおかず(唐揚げやフライ)は前日の夜ごはんの残りか、お惣菜にしています。その他のおかずは、その日ある作り置きの中から野菜を中心に選びます。

四角いお弁当箱半分にメインのおかず、残り半分に2品入れます。入れ方も決めてしまうことで迷わず詰めることができます。

例1:ささみフライ(お惣菜)、小松菜のおひたし、鶏肉と根菜の煮物

例2:唐揚げ(お惣菜)、かぼちゃのそぼろあん、野菜(ブロッコリー、トマト)

③割り箸を夫の職場に置いておき、毎日用意しなくてもいいようにする。

毎日箸と箸箱を用意したり、洗ったりするのも手間なので、お弁当は割り箸で使い捨てにしています。そして、家から持っていくのではなく、食べる場所にストックしておくことで、毎日用意しないで済むようにしています。

ちょっとしたことですが、これだけで準備も片付けも楽になります。

④お弁当箱にはラップを敷いてからおかずを詰める。

お弁当箱を洗う時、油汚れをスッキリ落とすのは案外手間がかかります。ラップを敷いておくだけで、汚れがかなり抑えられるので、お弁当箱を洗うのが楽になります。

お弁当は何と言っても経済的(当たり前ですね(⌒-⌒; ))

細かな計算はしていないので、感覚ですが、多分300円以内で作れていると思います。メインのおかずにお惣菜を買っても、外食してもらうよりずっと安く作れます。

お弁当がない日が続くと外食費で夫のお小遣いがみるみる減ってしまうので、できるだけ作ります!

仕事復帰したら自分のお弁当も作りたいなあ。でも2人分となると今の私ではちょっと気が重いです。その時には子供の食事の用意も必要だし。。

作り方をシンプルにルール化することで、夫のお弁当作りはかなり楽になりました。

二人分作るハードルもなんとか下げて経済的に、そして健康的なお弁当生活をしたいなあと思います。

無理せず長く続けられることが大切。

素晴らしいお弁当を1日だけ作るより、簡単に出来るお弁当を週に3日続けられるほうが経済的だし、夫の健康維持にも役立つはず。

作り置きのおかずがあれば朝詰めるだけなので5分でできます。

綺麗じゃなくても、いつも同じでも、いいんですわ笑

IMG_4154

お弁当作りに欠かせない作り置きは、いろいろな人のブログや本を参考に勉強中です

作り置きで参考にしているレシピ本

『好評の「忙しい人のための作り置き」レシピを集めました。』

『syunkonカフェごはん-レンジで絶品レシピ』(山本ゆり)

このレンジの本は、朝起きて、「作り置きがないし、お惣菜も買い忘れた!」という時でもメインのおかずが簡単にできるのですごくおすすめです。先日もこの本の生姜焼きのレシピでお弁当作りました。夫にも好評です。料理はレンジだけでいいんじゃないかと思えてくるくらいです。

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告