シンプルライフでも子どもと楽しむクリスマス。毎年用意するもの。

Pocket

ハロウィンが終わると、すぐにクリスマスの準備が始まりますね。

11月に入ると、100円ショップなどにもクリスマスグッズが並んでます。

はやいなーと思っていると、あっという間に12月になってしまうので、そろそろクリスマスの準備を始めようかなと思いました。

5歳の息子と2歳の娘と過ごすクリスマス。楽しい気持ちは準備から始まります。

子どもたちとクリスマスまでの期間を十分に楽むためのクリスマス飾り。

100円ショップなどに行くと、つい色々なクリスマス飾りを買いたくなってしまいますが、購入するものはやっぱりじっくりと本当に良いと思えるものにしたいなあと思います。

今回は我が家が毎年用意する、クリスマスツリーアドベントカレンダーについてきろくします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クリスマスツリーは本物のオレゴンモミを

クリスマスツリーは多くの家庭で用意されるかなと思います。一年にこの時期だけ出してきて飾り付けをするのが一般的ですよね。

我が家では、毎年本物の根切りモミの木を用意しています。

ちょっと費用はかかりますが(大きさ約100㎝で15000円くらいです💧)、それ以上に本物はやはりとても素敵です。

たくさんの飾りを用意することはしませんが、本物のオレゴンモミの存在感はすごい!

部屋中に良い香りも広がります。

子どもたちには、本物を感じて欲しいという気持ちで毎年注文しています。

クリスマスツリーには本物のもみの木を。
クリスマスには、毎年生木のモミの木を用意しています。オレゴンモミのクリスマスツリーとってもおすすめです♪

今年分も注文して、12月に入ってから届けてもらう予定。楽しみです❤️

↑これは数年前のクリスマスツリーです。

子どもたちが今から楽しみにしているアドベントカレンダー

5歳の息子がとても楽しみにしている「アドベントカレンダー」。

12月1日から、クリスマス当日の25日までをカウンドダウンするためのカレンダーです。

小さな袋や、箱型など、様々なデザインがありますが、中に小さなお菓子などを入れて、毎日ひとつずつ開けてクリスマスまでの期間を楽しむものです。

デザインや中身を工夫しながら、毎年クリスマス飾りの1つとして楽しんでします。

以前作ったアドベントカレンダーの写真はこちらの記事に載せてます。

クリスマスツリー用の本物のモミ 届きました!
クリスマスツリーには本物のモミを使用しています。1mの小さめツリーですが、本物だからこその存在感があります!3歳の息子と一緒に飾り付けました。

中身までセットされたアドベントカレンダーもありますし、箱や袋だけ売られているものもあります。もちろん手作りすることもできるので、私は手作りで用意しています。

☆おしゃれな手作りのアドベントカレンダーについて紹介されている記事。みているだけでワクワクしますよ〜

あと何日でクリスマス?「アドベントカレンダー」を手作りしてみよう♪ | キナリノ

我が家の場合、中身はお菓子ではなく、クリスマスツリーのオーナメントやウォールステッカーを入れたり、ミニゲーム(宝探しやクイズなど)を入れたりしています。

息子はこのミニゲームを楽しみにしているようです❤️

でも、朝の支度があるのでミニゲームを入れるのは週末のみですが。

そろそろ娘も理解できる年齢になってきたので、今年はきょうだい二人が楽しめるアドベントカレンダーを考えたいなと思っています。

↓こんな感じで作成してます♪

材料はすべてセリアで購入。

  • 白封筒(30枚入り)
  • マスキングシール ※数字は自分で書きました
  • クリスマスシール
  • ラッピング用麻紐(2色入り)

材料費 432円です。

ものは増やさずシンプルに楽しむクリスマス

ものは少なく、シンプルに暮らしたいけれど、クリスマスの雰囲気も楽しみたい。

どうしても増えがちな季節のイベントグッズですが、

クリスマスツリーのもみの木は時期が過ぎてしばらく飾った後カラカラになったら処分しますし、アドベントカレンダーもその年限りで処分するので、あまりものは増えません。

子どもたちがいると、可愛らしい飾りをたくさんしたくなってうずうずしますが、今年もクリスマスツリーを中心に、子どもといっしょに手作りしたりもしながらクリスマス準備を楽しみたいなと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする