パーティメニューの定番に!鶏もも肉でローストチキン

Pocket

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パーティメニューの悩みを解決!

誕生日や季節のイベントでのお料理って「何を作ろう…」といつも迷っていました。

参加人数が多いと、どれをどのタイミングで作って盛り付けをどうするかとか、段取りも難しいし、温かいものを出したいけれど、直前に作っているとバタバタ💦、キッチンはぐっちゃぐちゃなんてことも(^_^;)

そんな悩みを解決できたメニューのご紹介です。

先日の娘の誕生日で作ったローストチキンが、子どもにも大人にも喜ばれ、オーブンで早めに焼いておいて食べる直前に電子レンジで温めるという方法で、準備や片付けもスムーズにでき、温かい状態で食べることができて、私としてはうまくいきました。

これから我が家の定番パーティメニューになりそうです!

IMG_6863

※料理だけの写真を撮り忘れました。かなり見難いですがこんな雰囲気でした^^;

鶏もも肉でローストチキン

クリスマスに作って子どもたちに好評だったローストチキン。

3歳息子も大喜び!卵と乳製品アレルギーでも OKのパーティメニュー
家でのクリスマスパーティーメニューの記録です。 3歳息子向け&卵と乳製品不使用の簡単にできるメニューです。クリスマスだけでなく、お正月や誕生日にも参考になれば。

でも、骨つき肉はクリスマス以外ではスーパーで見かけません。

先日娘の誕生日パーティをしましたが、その時はいつでも手に入る鶏もも肉でローストチキンを作りました。

骨があると見た目に豪華でいいのですが、ない方が食べやすいし、いつでも作れます◎

バタバタしない段取り

前日にお肉を調味料に漬け込んで、当日早めに焼いてしまいます。

②一口サイズに切り分けて、電子レンジOKのおかずカップ(100均で調達)に人数分わけておきます。

(ここまでをその他の用意の支障にならない早目の時間にやっておくと安心です。)

③食べる直前に全部まとめて電子レンジで温めます。

レシピ

こちらのレシピを参考に。大好きな山本ゆりさんのレシピです。

材料

①一枚300gくらいの鶏もも肉3枚

②調味料

  • しょうゆ・・・・・・大さじ4くらい
  • 酒・・・・・・大さじ4ぐらい
  • 砂糖・・・・・大さじ4ぐらい
  • みりん・・・・・大さじ2ぐらい
  • ケチャップ・・・・・小さじ2ぐらい
  • チューブおろししょうが・・・・・ほんの少々
作り方

鶏もも肉の脂肪を取り除き、鶏もも肉にフォークで全体に穴を開ける

袋に入れた調味料に鶏もも肉を入れて、揉み込み、冷蔵庫で一晩置く。

天板にアルミホイルを二重に敷いてタレがこぼれないように周りを持ち上げ、調味料ごと鶏もも肉を乗せる。

オーブンを200度に温めて20分から30分程焼く。

※詳しくは山本ゆりさんのブログを確認してくださいね。

2歳娘の誕生日パーティで作った全メニュー

IMG_0001※4歳の息子が卵と乳のアレルギーで現在も全除去しているので、娘と息子のメニューは卵&乳は不使用です。

①いなり寿司

②巻き寿司(かっぱ巻き&卵不使用カニカマ巻き)

ローストチキン

④かぼちゃとさつまいものサラダ

⑤きゅうりと鶏ハムのピンチョス

(飾りのついた楊枝に輪切りきゅうりと鶏ハムを刺しただけです)

⑥鯛の塩焼き(おじいちゃんとおばあちゃんが用意してくれました)

⑦豆腐と人参のお味噌汁

大人用は手間を省いて、①②→スーパーの握り寿司です(笑)。

ローストチキンと味噌汁以外は冷めててOKのものなので、慌てないくらいの時間に作っておきました。

盛り付けは紙皿などを使って

パーティでは片付けが簡単なほうが良いので、100円ショップなどでパーティのコンセプト(色や雰囲気)に合わせた紙皿や紙コップを使います。

普段の食器は家族分の最低限の数しか持っていないので、参加人数が増えると足りません。でも、年に何回もあるわけではないし、パーティのコンセプトに合わせて変えられるので、紙皿やペぺーパーナフキンを利用するのはオススメです!

娘の2歳の誕生日では、「フライングタイガー」の紙コップやピック、ペーパーナフキンを使いました❤️

セリアのテーブルクロスや、紙皿も使っています。

IMG_8883

パーティメニューはちょっと特別にしたいから・・・

パーティの用意はお料理だけではないからこそ、簡単に、でも喜んでもらえる普段と違うメニューがいいなあと思います。

今回ご紹介したローストチキンはとっても簡単なので普段の食事にも作りたくなってしまいます。

でも、パーティを特別にしたいからこそ、このメニューは普段は封印して、特別なメニューとして子どもたちに新鮮に楽しんでもらえるようにしたいなあと思います。

いろんなお料理ができる腕前があればいいのですが、残念ながらそうではないので、パーティメニューを喜んでもらうための工夫として、パーティメニューの定番を、本当の定番料理にしないようにと思っていますd( ̄  ̄)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする