ものを手放すメリット。実際にものを減らしてみた感想。

Pocket

年明けから家の中のものをかなり処分&整理しています。

夫が主導ですが(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

気づかなかったけれど多くのものを抱えていました

我が家の住む地域では、燃えるゴミの日は週に2回。

その度に、45リットルのゴミ袋を4袋は捨てる日が続きました。

そして、昨日の燃えるゴミの日、ついに通常どうり1袋のみに戻りました。

約一ヶ月間、普段の3、4倍のものを処分し続けていたことになります💧

もちろん燃えるゴミ以外に、燃えないゴミ、粗大ごみも通常以上に出しました。

私一人ではとてもできません。

動き始めることさえできなかったと思います。

夫に感謝(^ ^)

たくさんのものを捨てたけれど、家の見た目は変わらないことについて
2017年になってから、年末にはしなかったのに、夫と二人でものの整理に取り組んでいます。 もっとシンプルに、心地よく暮らすために。...

ものを手放すメリットはいろいろあります。

ものを減らして起こった変化

子供達を寝かしつけた後は、家の中をひっくり返したような惨状だったのですが、

それが不思議とスッキリ片付くようになりました。

夫と私が協力して、洗い物や洗濯や片付けを効率的にできるようになったからかとも思ったのですが、

ものが少なくなったことが大きな影響をしていると思います。

まだまだそのくらいの変化。

そして、ものの処分と整理はまだ途中です。

今までは、明らかな不用品を処分していただけ。

これからが、本当の取捨選択が始まります。

自分はなぜこれが必要なのか、なぜこれを所有するのか、しっかりと見つめていきたいなと思います!

ものの処分は自分で取り組むことに意味がある

この1ヶ月間、たくさんのものを処分してきて

「自分でやること」がいかに意味があるかと感じています。

ものが減ったという結果に意味があるのではなく(もちろん結果にも意味があると思いますが)

ものを減らす、というプロセスを自分が主体的に行うことにより意味があるのではないかと感じています。

「夫が引き出しの中のものを捨てた」(これまで使っていなかったものなので何があったのかも不明)

というのでは、ものを減らすメリットの半分くらいしか得られなくて

自分が溜め込んでいたものと向き合って、

必要ないものだという判断をして処分する。必要だと判断して手元に残す。

そのプロセスをしっかりと踏むことが大切だなと思いました。

(うちの場合は半分くらい夫がやってくれたので、これからもっと自分もやらないといけないと思っています。)

それは、自分がどうやって生きていきたいのかを明確にすることだし、

これから進んでいく原動力となるような気がしています。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする