Amazonの買い物で失敗した話。返品の方法。

Pocket

インターネットでの買い物は本当に便利ですよね。

子育てしているとちょっとした買い物もすぐに行けないときだってあるし、

必要なものを検索するのも簡単だし。

でも、実際に見て触って買い物しているわけではないので、思ったものと違ったなということもたまにありますよね。

今回久しぶりに失敗したなーと思った買い物をしてしまい、初めて返品をしました。

改めて、ネット通販であるからこそ、安物買いの銭失いにならないように見極める必要があるなあと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

返品までの経緯

Amazonで商品購入

夫が子どものとの外遊び時の防寒のための「つなぎ」が欲しいと言っていました。

近所のスポーツウエアの店に探しに行って、スキーウエアのようなものを見ていましたが、暖かそうだけれど凄く高くて^^;

ネットで探していたら、3000円で売っているものを発見。

安いなと思って購入しました。

商品到着

商品が送られてきて、開けてびっくり。

あまりに生地が薄いのと、あちこちから糸がでていてかなりザツな作り(ー ー;)

生地の薄さなどは、値段を考えると当然なのかもしれません。

思っていたものとは違いますが、それだけなら仕方がない。

ネット通販なので、思っていたものと違うということはあり得ます。

でも、作りがあまりにひどくて、これを実際に見ていたら3000円出して買うことは絶対ありませんでした。

思い切って返品することに!

夫も私も、これは着られないということで意見は一致。

最初は「3000円だし、勉強代だと思って諦めようかな」と思いました。

でも、これが実際の店舗で購入したものであれば返品か交換かしに行くだろうと思ったので、

ネット通販でしたが返品してみようと思い直しました。

初めてでも簡単!Amazonで購入した商品の返品の仕方

初めてでも返品はとても簡単にできました。さすがAmazonです。

ちょっと億劫ではありますが、面倒だなという理由で返品しようか迷われている方がいましたら、そんなに大変ではないのでやってみてください。

Amazonの「注文履歴」ページから返品手続きをします

アカウントサービスの「注文履歴」で返品したい商品を選択→「商品の返品または交換」をクリック

手順1 「返品・交換の理由を選択」

  • 「間違えて購入した」などの選択肢が幾つかあるので当てはまるものを選びます。「商品に不具合または損傷がある」を選びました。「性能や品質が良くない」でもよかったかもしません。
  •  記述欄があるので、具体的な理由も記入します。
  • 次へ進む」をクリック。

手順2 「手続き方法の確認と選択」

「返金」にチェックを入れて「返品リクエストをを送信」をクリック。

手順3 登録してあるメールアドレスに確認のメールが送信されるので、確認します。

商品を返送後に、返金されるとのことでした。返送方法の説明ページを確認できます。

梱包して返送します

できるだけ送られてきた状態に近い状態にして梱包。送られてきたダンボールがあればそれをそのまま使えばいいと思います。

「返品リクエストの確認」のメールから、「返送方法を確認」すると

「返品受け付け ID」や返送先等々を確認できます。

「返品受け付けID」を印刷して商品と一緒に入れて返送します。

荷物を送ることをほとんどしないので、どうしたらいいか良くわからなかったのですが、

とりあえず梱包したら郵便局へもって行き、どうやって送ったらいいか聞きました。

今回は「トラッキング番号」を店に連絡すると、確認して返金されるということだったので「「ゆうパック」で送りました。

ゆうパックには「問い合わせ番号」があり、お店に連絡しなければならない「トラッキング番号」(追跡番号)にあたります。

この番号をお店に伝えると、

その後返金手続き完了したというメールが届きました。

※間違っているといけないので、返金手続きの細かなやり方は、Amazonで確認してください

ネットでの買い物で失敗したら諦めずに返品も考えようと思います。

初めてネット通販したものを返品しましたが、思ったよりも簡単にできました。

今後は、なるべく実際の商品を見て購入することにしようと思いますが、理由があって返品するときには、そんなに手間ではないので諦めず返品も考えようかなと思いました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

日々の更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする